健康のためにも高反発マットレスを選ぼう

マットレスはベッドで寝るときの必需品で、低反発マットレスや高反発マットレスなどがあります。
私が使っているベッドは10年以上前ですから、かなり古いです。
購入するとき、セットになっているマットレスを変えることができませんでした。
今、寝具のお店に行くと、ベッドと一緒にセットになっているマットレスを自分の好みで選ぶことができます。
人気なのは、高反発マットレスです。
よく眠れるということで好まれています。
腰痛に悩みを抱えている人にとっても、腰に負担をかけないことで優しいです。
いろんなマットレスがありますが、迷ったら高反発のタイプを選びましょう。
ここで疑問に思うのは、低反発はどうなの?ということかもしれません。低反発は、沈み込む特徴があります。
柔軟性があるのが売りのマットレスで、聞こえはいいかもしれません。
気持ちよさそうなのを想像することでしょう。ところが、腰が沈み込んでしまい、腰痛持ちの人が使うとかえって悪化します。
また、寝返りをしっかり打てないので血流悪化の原因になります。

私は仕事が忙しくなって、睡眠がとても大切だなぁと思うようになりました。
睡眠の質が良ければ疲れも取れていきますし、そのためには寝具にもこだわりをもっていないといけないなぁと思い始めました。
私はそれまでは安い布団を使ってたのですが、思い切って寝具を良いものに買い換えました。
私は以前から気になっていた高反発マットレスを使ってみることにしました。
マットレスは値段もピンからキリまでですが、高反発マットレスを買いました。
高反発マットレスを使って寝てみると、体が疲れないのでビックリしました。
私は以前から腰痛で悩んできましたが、この高反発マットレスを使ってからは、腰痛が改善していきました。
前の布団では腰痛がひどくて、寝返りも打てないことがありました。
でも高反発マットレスは、体の重みを分散させてくれる感じがして寝ていてもとても気持ちがいいです。
睡眠の質を良くするためには、使っている寝具を見直してみることも大切だと思いました。

寝転んだときに自分の体が支えられていると感じるのが高反発マットレスの特徴です。
寝具のお店に入って、低反発マットレスと高反発マットレスを体験したことがあります。
最初のうちは、どちらも気持ちが良くていいなぁと思いました。
違いがわからなくて、わかるようになるまで長時間寝てみました。
すると、違いは明らかでした。低反発だと、なんとなく腰に負担がかかっていると感じました。
高反発は硬くて、長時間でも気持ちよく寝転んでいることができます。
睡眠は、健康のために大切です。
健康に影響を与えるものは寝るときの布団や枕です。
ベッドを利用する人にとって、マットレスは重要です。
だから、少しでも睡眠に集中できるものを選ぶ方がいいです。
高反発マットレスにも反発力のレベルがあります。
標準的な体重の人であれば、130~180ニュートンの間を選べばいいでしょう。
130~180までのニュートンは、腰痛に悩む人に最も適しています。
ちなみに、高反発マットレスで人気の高いメーカーは、モットンです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です